スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける少女 地上波放送

「時をかける少女」が早くも今週の土曜日(7月21日)に地上波で放送されますね。
生まれて初めて2回も映画館まで見に行った作品です。
青春っていいなぁと思える良作。 オススメ。
中には自身の青春時代を思い返して鬱になる人も現れそうですがw

地上波放送に向けて、時かけの絵を描きたいと思いつつも、
時間がないので、それぞれ数十分で描いた即興ラフっぽいものしか描けんかった。


紺野真琴





間宮千昭
tiaki.jpg



津田功介
kousuke.jpg


最近、Painterで絵を描くのが楽しくなってきた。
スポンサーサイト

Painter怖す

自分はイラストのデータをPSDファイルで(Photoshop)保存しています。
PainterとPhotoshopを行ったりきたりするので、その方が何かと都合がいいからです。


で本日、現在製作中の暑中見舞いイラストのデータをPainterで読み込んだところ

【 Photoshop形式の圧縮方法はサポートしていません。 】


( ゚д゚)?  ファイルが開けない。




今まで普通に読み込んでいたのにおかしいな。
そこで今度はPhotoshopでそのファイルを起動してみる。


【 このファイルでは、サポートされてない描画モードが
 使用されています。 代わりに通常モードを使用しますか? 】




( ゚д゚)???   とりあえず「OK」を選択。





【 「×××××(ファイル名).PSD」を開くことができません。
ファイルにはこのバージョンのPhotoshopと互換性がありません。 】




(  д ) ゚ ゚






ファイルがぶっ壊れやがった!!!!







まぁ、一つ前に保存していたデータが残ってたので完全に死んだわけじゃないんですが
それでも約3~4時間かけて描いた部分が消えてなくなりました。

uzeeeeeeeeeeeeeeee!!と思って、今日のところは絵を描くのを放り出したくなったけど
ぶっちゃけ描く時間は今しかないので、泣く泣くまた同じところを描いてます。


ちなみにこの現象、今までにも何回か経験があります。
Photoshop単体だけを使ってる分には、まずファイルが壊れることとかないのですが、
Painterを併用すると一気に危険度が増しますな。

突然落ちたり、ファイルが壊れたり…
本当にPainterは油断ならんぜ。

新たな絵柄に挑戦

暑中見舞いイラストを描いてます。
いつものアニメ塗りとは違う画風で描いてます。
Painterで色々なペンツールを研究し続けて、ようやく自分のやり方に合うものを見つけられたという感じです。
やっぱり自分に合うものって、色んなものを試し続けて見つけるしかないんですなぁ。




ラフ画はオイルパステルで。



2.jpg
清書は油彩で描いてます。


アニメ塗りでは出すことができなかった微妙なニュアンスが出せるので
この画風、結構気に入ってます。


さて、暑中見舞いの時期までに間に合うかな…?

最近描いたもの色々

シマリスくん

10.png


擬人化ル王  三(#^ω^)三ピキピキ
ru.jpg


ラフ 百
momo2.jpg


ラフ 百
momo4.jpg


ラフ 京
kei2.jpg


ラフ ネウロ
neuro.jpg

HTMLのソースの文法をチェックしてくれるサイト

■ Another HTML-lint gateway

HTMLのソースの文法をチェックしてくれるサイトです。
「Another HTML-lint gateway」で検索すると同じサイトがいくつか出てくるので検索してみましょう。
(当初はリンクを貼ってましたが、アクセスが集中してしまってるようなので外しました)


偶然辿り着いて、自分のサイトをチェックしてみたのですが、
あまりの低得点ぶりに爆笑してしまいました。 色んなページで-300点とか叩きだしましたよ。
やはり我流によるタグ手打ち派の自分はこんなものか(笑

さすがにこれはヤバイと思い、タグをいじりまわした結果、
主要ないくつかのページを60~70点まで引き上げることができました。
膨大な数があるため、イラスト一つ一つのページまでは手が回りませんでしたが。

<br>を連続で使うと減点、
<center>や<target>タグは近いうちに廃れる可能性があるから使ってあるだけで減点…など
何やら理不尽なところもあるので、自分には100点は取れそうにありません(笑

サイトを持ってる人はチェックしてみるといいかもしれません。

しろまんが続報

しろまんがバナー

「しろまんが」ですが、聞いた話によると80ページ超えるみたいです(笑
なんかすごいな。 オラ、楽しみになってきたぞ。

前に自分は1ページでの参加と言いましたが、
なんだかんだでそれ以外にも中ページにカットを描いたり、
最後の執筆者紹介のところでもイラストを描いたりしてます。

バナーとアクセス

イラストサイトとかやってるからには
当然、少なからず「見て欲しい」という願望はありますよね。
リピーターになってくれとまでは言わないけど
まずは、一目だけでもサイトを見てから判断して欲しい…という方は大勢いると思います。
少しだけでもアクセスが増えたらいいなぁ…そんな方に参考になるかもしれません。
…ならないかもしれませんが(笑

とりあえず、実体験に基づくそんな小話を一つ。


大抵のHPには「バナー」というものが用意されています。
多くのサイトにとってバナーは目印程度のものでしかありませんが、
イラストサイトとなるとちょっと意味合いが変わってきます。

イラストサイトは最も自信のあるイラストの一部を切り取ってバナーにしている所が多いと思われます。
さらに、その多くは直リンでバナーを貼ることにより、常に最新のバナーに切り替わるようにしていると思います。 自分もかつてはそうしていました。

そのタイプのサイトは短い期間でバナーが次々と変化していきますが、
そこにはある種の宣伝的な意味合いも少なからず込めてると思うのです。
「多くのバナーが並ぶ中で自分のサイトに目を止めてもらいたい」っていう思いがあるからこそ
常に自身の最高作をバナーにするのだと思います。 自分がそうでしたから。

じゃあ、常に自信作をバナーにすることで右肩上がりにアクセスが上がって行ったかというと
…そんなことはまったくありませんでした。

サイト開設時と運営2年目、比べると画力自体は上がっているのに
リピーターの数は概ね一定しており、劇的に変動することはありませんでした。

バナーを変えた当日は確かにアクセスが上がりました。
ただ、それはウチへリンクを貼ってくれている人たちが
「何か更新されたんじゃないか」と思って一斉にウチのサイトを見に来ただけであり
新しい閲覧者が増えたというわけではないんですよね。


ぶっちゃけてしまうと、
自信作をバナーにすること自体には新規の客を呼ぶ効果はほとんどないと思われます。
あるとすればそれは、星の数ほどあるイラストサイトの中の一握りであるプロ級のサイトだけ。


現時点の自分の画力で遥か上のレベルの人たちと同じ土俵で勝負したところで、
新規の閲覧者をウチに引っ張ってくることはそうそうできん。
( まず覗いてもらうことすら難しい orz )


これが3年前に自分が悟ったアクセスの壁です。

じゃあ、バナーの力だけで人を呼ぶことは一部の人にしかできないことなのだろうか?


できます。
「バナー」の本来の役割を考えればいいのです。


一番大事なのは「バナーを評価してもらうこと」じゃなく「サイトを見てもらうこと」であり、
実際に自分のサイトに足を運んでもらわないことには何も始まりません。
「バナー」は人に来てもらう為のきっかけにしか過ぎないのです。

つまりバナーとは人の目に止まってナンボであり、
身も蓋もないことを言ってしまえば、人の目を引ければそれでいい。
そして「画力の高さ」とは人の目を引く要因の一つにしか過ぎないものであり、
必ずしもその土俵で勝負する必要なんてないはず。

3年前、自分は上記のような仮説を立ててそれを実践してみました。


誰がどう見ても「園児のラクガキ」にしか見えない絵をわざとバナーにしてみたのです。
「下手だなぁ」と思われる程度じゃないですよ。 それを超えて「なんだこりゃ!?」と思わせるほどのものです。
リンク集などでほぼ全員が自信作を挙げてる中で、一人だけラクガキバナーを挙げてるわけです。
周囲のやり方とは完全に逆行したこの実験。 果たしてその結果は・・・?


当時は一日に50人ほどのリピーターがいたのですが、
そのバナーに変更したところ、一時的ですが100以上にアクセスが増えました。
当然ながら合わない人は去っていきますが、それでもその後は80人ほどで安定しました。
自分の思惑通りなら、閲覧者が増えるはず…とは思ってましたが、
このリピーターの増加率は当時の自分には驚くべきものでした。
今までウチをスルーしていた人たちを、一目覗きに来させることに成功したわけです。

※ おそらく「こんな下手な絵を描いてるやつがどんなサイトを運営してるんだ」という意味で
   来たんだと思いますが、リピーターが増えたということは
   中身を見て気に入ってもらえたのかと。


今までで一番しょぼいバナーが、今までで一番の宣伝効果を生み、
そして実際にリピーターを増やすという結果を残しました。
つまりはそういうことです。
自分のサイトにほんの僅かの興味を持たせるだけでいいんです。

ただ画力で相手の目を引こうとすると、競争率がハンパじゃなく高いんです。
でも、別の方向で目を引こうとすると、驚くほどすんなりと効果が出たりするものです。


あ、一応言っておきますが別にラクガキをバナーにしろと言ってるわけじゃないですよ。

当時の自分はラクガキで実験してみたというだけで、ラクガキじゃなくたっていいんです。
たとえば静止画だらけの中に一つだけGIFアニメバナーがあれば、否応なしに目立ちます。
「このサイト、ちょっと見てみるか…」と相手の好奇心を刺激するものを作ればいいんです。





最近、HPを改装したついでにバナーを一つ増やしました。



これを見て「なんじゃこりゃ」と思った方、大勢いたのではないでしょうか。
コメントでの反響もそれなりにありました。(返信不用とするコメントが多かったですが)




そう。

「なんじゃこりゃ」と思わせた時点でこちらの思惑通りなのです

芭月涼の1人どうでしょう




最近の楽しみにしているシリーズ動画の一つ。
第一夜が始まったその日からずっと追いかけてました。
当初は再生数が2ケタぐらいしかなくて、盛り上げるためにずっとコメント付けまくってましたが
今やコメント数が1000を軽く超えてますね。
自分が配信してるわけじゃないのに、なんだか凄く嬉しい。


シェンムーはまず「普通」と評価されることがほとんどありません。
人によってその評価が真っ二つに分かれるゲームです。
「神ゲー」もしくは「つまらん」と綺麗に二分化されるタイプです。
そして自分の評価は当然ながら前者です。

このゲームは正気の沙汰とは思えないほど尋常じゃない作りこみで有名です。
それは製作陣の執念…というかそれを超えて狂気を感じてしまうほど常軌を逸しています。

この前、メルフォのコメントで自分が神ゲーと称する定義の一つに
「誰もが思いつきそうだけど、不可能と決め付けて誰も実行しようとしなかったことを実現したゲーム」と書きましたが、このシェンムーはまさにその代表格だと思ってます。
それでは、このゲームの尋常じゃない作りこみの例を挙げてみましょう。

まずはキャラクター。
シェンムーは最近有名なGTAのように、一つの街を作り上げて
仮想空間を作り上げている、いわゆる箱庭型ゲームの先駆けです。

箱庭型ゲームといえば、その街の膨大な数の住人が自由に歩き回っているものですね。
シェンムーの恐ろしいところは、そのモブキャラクター全員、
一人一人が個別の顔、グラフィックを持っているということ。 数百人全員がちゃんと別の顔をしています。

そして話しかければ全員がフルボイスで対応してきます。 全員がです。
しかもRPGのようにきまった一つの対応しかできないというわけでもありません。
ちょっとイベントが進むと、相手のセリフや対応もまた変わるのです。 全員がです!

極めつけは、主要キャラクター同様、ただ街を歩いてるだけの
一モブキャラクターにも詳細な設定が与えられているところです。
氏名、年齢、職業、家族構成などを始め、どんな性格をしているかまで決められています。
そして各人がランダムに動いてるわけでなく、独自の生活パターンを持っています。
例えば主婦であれば、午後の3時頃に自宅を出て近所の主婦とだべり始め、
夕方になると商店街まで歩いていき、各店をまわって夕食前には自宅に帰っていく・・・など。

こういう情報がただ街を歩いてるだけの一モブキャラクターにまで与えられているのです。

数百人全員にです。


次はギミックの細かさと多さ。
凄まじいまでの仮想空間を実現しているので、当然家や街には色んなもので溢れています。
電話をかけることもできます。
普通のゲームは電話の前でボタンを一つ押せば、電話をかけられるのでしょうが、
シェンムーではまず受話器を取り、ダイヤルをまわすという実際に起こす一連の行動を
事細かになぞります。 マジで番号を一つ一つ回すなんてこのゲームぐらいです(笑
ちなみに時報や天気予報にかけることもできたりします。 実に細かいです。

部屋にある電灯のスイッチ等は全てON/OFFができるし、引き出しや押入れも開けることが出来る。
外に出ればガチャガチャや自動販売機があり、それらに対しても電話同様リアルな行動を起こします。
コンビニ等で物を買う際も商品を手に取り、レジまで持っていって精算します。 実にリアル。
さらにゲーセンに行けば、物語の舞台である1986年当時のセガのゲームが実際に遊べてしまう。
そういうリアルでは当たり前のことを、ゲームの中で実現してしまうということに
いちいち感動できてしまうのです。


最初にこのゲームは世間では評価が真っ二つに分かれると言いました。
自分のようにそういう部分に感動するタイプ、そしてドラマ性を重要視する人はこれを神ゲーと評します。

が、何よりも「ゲーム性」を重要視する人はこれを駄作と評します。
「どこそこに行って、そして次はどこどこに行け」というお使い要素が多いので。
きっと「ゲームをしている」のではなく「やらされている」と感じてしまうのだと思います。
そればかりは人それぞれなのでしょうがないのかもしれませんね。

ただ他人がどういう評価を下そうとも
自分の中で「シェンムー=神ゲー」という評価が揺らぐことはこの先微塵もないことでしょう。
シェンムー1が発売されてからもうじき8年が経ちますが、これほどの仮想空間を作り上げた
ゲームは後にも先にもこの作品だけなのだから。


…改めて思った。
そりゃこんなゲームを作れば会社自体が傾くというものです(笑

そして2の発売からすでに6年が経過した今もなお、
3の開発許可が一向に下りないというのも分かりますorz

それでも、いつか3が発売されることを願ってやみません。
もし次世代機で出るのであれば、そのハードごと買ったっていいです。
とにかくこの物語の結末を知りたいのです。

ドラクエ4で言うなら、第2章まではすでに公開されているのに、
いつまで経っても第3章の開発が行われないし、今後も展開される気配すらない。
シェンムーファンはもう6年もそんな状況にやきもきしているのですorz

【 ひぐらしのなく頃に 】の竜宮レナをUP

07年6月24日

GALLERYの版権イラストに【 ひぐらしのなく頃に 】の竜宮レナをUP。


ネタバレ(?)かどうかは分かりませんが、一切の事前情報を知りたくないという方は
見ないほうがいいかも。

ひぐらしアニメ二期の放送開始が、いつの間にかあと2週間と迫ってますね。
最近はTVアニメを見ることがほとんどなくなってきたけど、
ひぐらしとシグルイは毎回観ようと思います。

しろまんが

しろまんがバナー

http://gandalf.syakuhati.com/


安倍川さん宅のキャラクターを使って同人誌を出そうぜ!って
最初はたしか冗談半分で皆で話してたことだと思うんですけど、本当に実現してしまいました。
今年の夏コミに参戦決定です。
自分はイラストを1ページ寄稿させていただきました。

「安倍川さんのサイトを毎日かかさずチェックしてるぜ」という
安倍川ファンの方々にオススメの一冊です。
部数は少なめなので「欲しいィ~」と思った方はお早めにブースに駆け込んでください。
おそらく手に入れるチャンスはこれ一度きりかと。

8月18日(土)の【 東地区 エの15b 】だそうです。
プロフィール

九十九

Author:九十九

GIF画像提供 : くろがねさん

twitter
スポンサード リンク
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
リンク
RSSリンクの表示
最新の記事
過去ログ
FC2ブログランキング
オススメ
■ぽむ☆マギ ③



単行本3巻。 最終巻です。



■Fate/Grand Order
アンソロジーコミックス③



4コマで参加してます。



■Fate/Grand Order
アンソロジーコミックス②



4コマで参加してます。



■Fate/Grand Order
アンソロジーコミックス



4コマで参加してます。



■ぽむ☆マギ ②



単行本2巻が発売します!



■ぽむ☆マギ



私の初の単行本となります。
「魔法少女まどか☆マギカ」の
公認二次創作です。



■まんがタイムきらら☆マギカ



こちらの雑誌にて「ぽむマギ」という
まどかマギカの公式二次創作漫画を
連載させて頂いております。



■劇場版魔法少女まどか☆マギカ
 叛逆の物語 Blu-ray【限定版】



劇場版魔法少女まどか☆マギカ
始まりの物語/永遠の物語の
正当な続編にあたる作品です。



■劇場版魔法少女まどか☆マギカ
 始まりの物語 / 永遠の物語

 Blu-ray【限定版】



 Blu-ray【通常版】



TVアニメを前後編に分けて
ブラッシュアップした劇場版。
映像美や演出が格段にUPしつつ、
ストーリーの方もしっかり把握できる
内容に仕上がっております。
まどマギにまだ触れたことが
ないという方にもオススメ。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。