FC2ブログ

あらくれハンター百の記録 その9


1ページ目

8ページ目



モンハン3プレイ雑記 9ページ目です。
そしてこれが最終ページとなります。
前回のページでイビルジョーと戦うと匂わせておきながら引っ張りまくりましたw
とりあえずこの9ページ目までに色々書ききっておこうと思って。

もう引き伸ばしは無しです。
一気に書き進めていきます。


それでは「あらくれハンター百の記録」 最終章。
最後までお付き合いください!
スポンサード リンク



HRも51となり、街クエ☆6が新たに選べるようになりました。
どんなクエストがあるのかとwktkして覗いてみると…


・イビルジョーの狩猟

・イビルジョーの狩猟

・イビルジョーの狩猟

・空の王と陸の女王の狩猟(リオレウス・リオレイア)

・ディアブロス2頭の狩猟

・2頭の海竜を狩猟せよ(ラギアクルス・チャナガブル)

・ベリオロス2頭の狩猟

・火山炎上(ウラガンキン・アグナコトル)

・煌黒龍アルバトリオン



イビルジョー狩猟のクエストだけが3種類もあるw
これは何が違うのかというと、それぞれ対決するフィールドが違うみたい。

上から「砂原」「凍土」「火山」。
イビルジョーは他のモンスターと違い特定のナワバリを持たない。
つまりどこにでも現れるわけですが、その中でもホットドリンクやクーラードリンクが必須の
厳しい地方が戦いの舞台として用意されてるわけですね。


自分はまぁどのフィールドでも大した差はないだろうと思ったのですが
狩り仲間曰く「凍土でのイビルジョーはオイシイ」とのこと。

何がオイシイのかはこの時点では教えて貰えませんでしたが、
なにかしらのサプライズがあるようなので、ここを選ぶことに。




凍土___


今まで逃げに逃げ回ってきたあの「恐怖の具現化」との直接対決。


イビルジョーの出し方は実に巧妙だった。
上位に上がってすぐに出てくるってところが。

上位に上がったばかりの頃…つまりその時点での装備品は下位のものってことだ。
イビルジョーの攻撃力の前ではまず耐えられない。 運が悪ければ一撃で死ぬ。

十中八九勝ち目がない相手に何度も何度も執拗に追い回される。
それが恐怖となって刷り込まれていくわけだ。

9_01.png
「コイツに立ち向かってはいけない」と。


アルバトリオンと戦う直前の頃になっても、イビルジョーと遭遇しては逃げ回っていた。
「勝てるわけがない」と無意識のうちに思い込まされていたからだ。

まともに打ち合ったこともないのに勝手に「勝てるわけがない」と
当然のように思ってるんだから不思議ですよね。

ここまできたら、もうことさらに恐れる必要はないだろう。
正式なクエストとして出てくるって事は、こちらも十二分にヤツと戦える状態になってるってことだ。



いつもどおりやればいい。
なんとかなるさ。




エリア2にイビルジョーはいた。
こちらには気付いていない。
一直線に向かっていき一突き二突き。
出会いがしらの咆哮は丁寧にガードし、そのままカウンター突き。
うん、いい調子だ。

尻尾攻撃はステップで回h…


9_02.png

回避行動がワンテンポ速かった。
尻尾での薙ぎ払いで思いっきり吹っ飛ばされる。

でも体力ゲージの減りはそれほどでもない。
全体の1/3程度だ。 問題なく耐えられる。




続々と集まるハンターたち。
4人がかりでイビルジョーに立ち向かう。
さすがにみんな自分よりもHRが高いこともあり
イビルジョー相手でも物怖じしない。 
各々が巧みに回避し、防御し、隙を突いて攻撃する。
イビルジョーが怯み、態勢を崩し、転倒する。

おぉ…、ジョーのこういう姿をみることになろうとは。
やはりコイツも無敵というわけじゃないんだな。


9_03.png

そして、ついに怒り状態に突入。
筋肉が異常に隆起し、赤く染まる。
ここからが本当の地獄だ。




9_04.png

怒り状態のときに吐き出すブレスの攻撃力は洒落にならない。
しかも龍属性を纏っているために、これに触れてしまうと著しく防御力が低下してしまうのだ。
ただでさえ攻撃力の高いジョーの一撃を防御低下の状態で受けてしまったらひとたまりもない。
ここは慎重に盾でガードだ。 ガード性能スキル万歳。

※ 追記
  防御力低下はブレスではなく、ジョーの唾液に触れると発生するようです。

ただガードで固まってばかりいるのも駄目だ。
怒り狂ったジョーの暴れっぷりは凄まじいものがあり、
全力でタックルをぶちかましてきたり、全体重を乗せたストンピングをしてきたり。
ガードしてても体力は減るし、あっという間にスタミナが削られガード自体が破られる。
臨機応変に対処しなくては。




戦いも中盤に突入し、相手の行動パターンもあらかた認識できた。
こうなるとこちらにもいくらか余裕が出てくる。
ガードをする回数は減り、ステップで回避することが多くなってきた。
この時点でジョーに対する恐怖感はもうなくなっていたと思う。
守り2に攻撃8ぐらいの割合で、一気に攻めに転じるようになる。


4人がかりの攻撃を浴び続け、とうとう瀕死状態になるイビルジョー。
ここで冒頭で言っていた例のサプライズが発生するらしい。
しばらくジョーを放置するといいことが起きるとのこと。

エリア1に逃走するイビルジョー。 ここのマップ右上には
「いかにも先が続いてるように見えるが氷柱が邪魔をして通れない道」がある。
初めて凍土に来た時から、ずっと気になっていたのだが
ここにきてついにその謎が判明することになった。


9_05.png

イビルジョーが体当たりで氷柱を破壊。
そして道が開き、その先へ逃走していく。

ここはイビルジョーの破壊を持ってして初めて到達できる隠しエリア。
そこの採取ポイントではなかなかレアなアイテムを獲得できたりする。
ちょっとしたご褒美ですかな。


自分の巣で眠るジョー。
すかさず罠を張り、捕獲用麻酔玉で捕獲完了。


勝った!


勝ったけど何か引っかかる。





確かにMH3における全てのモンスターを倒した。
ただ、妙にあっけない。
本当に「これで終わり」にしていいのだろうか。


単に仲間がいたから勝てただけなんじゃなかろうか。
実際、自分は取り立てて目立った活躍をしたわけでもない。
モンハン3雑記の締めとするには何か足りない気がする。

モンハンP2G雑記がスッキリ終われたのは
「ミラボレアス」「ウカムルバス」「モンスターハンター」などの最難関クエストを
ソロでやりきって自身の成長を証明したことにあったのではないか?






このままでは終われない。
次はイビルジョーにソロで挑む!!




さて、これからイビルジョーにソロで戦いを挑むわけですが
そのためには入念な準備をしていかないとね。
まずは持ち込むアイテムの選別だ。


回復薬 10
回復薬G 10
ハチミツ 10
秘薬 2
薬草 10

こんがり肉 10
龍殺しの実 10
砥石 20
ペイントボール 50
こやし玉 10
閃光玉 5

シビレ生肉 10
シビレ罠
落とし穴
トラップツール 2
ネット 2
捕獲用麻酔玉 8

大タル爆弾G 2
大タル爆弾 3
カクサンデメキン 3

力の護符
力の爪
守りの護符
守りの爪



回復系のアイテムやステータスアップ系のアイテムの説明は不要ですな。

イビルジョーは常に腹を空かせているので生肉系のトラップがよく効く。
そこでシビレ生肉を持てるだけ持っていくことに。

それと一通りの罠セット。
この戦い、とにかく時間との勝負になることは容易に予想できる。
弱ったら即捕獲するためにも罠と麻酔玉は持っていかなければ。
大タル爆弾Gもダウン時に効率よくダメージを与えるために持っていく。
起爆はペイントボール。

そしてこやし玉
この中でも異彩を放っているが、これは超必須アイテム。

イビルジョーに捕食されたら大ダメージは確定、
振りほどけなかったらそのまま死ぬまで食われ続けるだろう。
だが、こやし玉は捕食されながらでも使用することが可能。
こやし玉をぶつければモンスターの捕食行為を強制的に中断させることができる。

また、ジョーとの対戦中に別のモンスターが乱入してくることもあるだろう。
ここでもこやし玉が役に立つ。
ある程度ぶつけてやれば邪魔なモンスターは別のエリアに退散してくれる。

イビルジョーの討伐クエストは、砂原、凍土、火山の三箇所。
ここは砂原の夜で攻めることにする。

いずれの地域もホットドリンクやクーラードリンクが必要になるが、
砂原(夜)ならば、ベリオG装備の「寒さ【小】無効」のスキルで相殺できる。
余計なアイテムを持ち込む必要がなくなるのと、アイテム使用の僅かな隙を消すことができる。


ちなみに装備している武器は「煌黒槍アルトラス」。
攻撃力414、龍属性450と非常に強力なものだ。
龍属性に弱いイビルジョーにはうってつけであろう。




そうそう、↑で初めてイビルジョーを倒した時はHR51ですが、
あれから結構時間は経っていて、ソロで行こうとしている現在はHR78です。




来たるべき決戦に向けてテンションを高めるために
モガの村のギルド娘「アイシャ」に元気を分けてもらいにいく。


9_06.png

いやぁ、いいキャラだ。
本来ならポンチ絵ではなくちゃんとした一枚絵を描きたいところだ。




MH3やってないからゲーム中のイビルジョーを観た事がないという人は

http://www.youtube.com/watch?v=fVGJylLZrTk

↑を見てみるといいかも。
9分程度の長さながらジョーの怖さが凝縮されてます。




イビルジョーとの一騎打ちスタート。
まずはジョーと接触するために砂原を駆け回る。
一分一秒でも惜しいこの状況。
そういう時に限ってなかなか遭遇できないものだw

結局、出会うまでに3分もロスした。




9_07.png

矢継ぎ早に襲い来るジョーの連続攻撃の全てをステップで回避。
う~ん、気持ちいい。
さながらマタドールのような気分だ。


これまでに何度か戦ってきて確信したこと。
イビルジョーとランスの相性はすこぶる良い。
ランスのみが行える前後左右へ自由自在に動ける3連続ステップ。
これに回避性能+2と回避距離UPが加わると鬼に金棒。

これらのスキルはランスのために存在してるのでは?
そう思いたくなるぐらいにランスの性能が飛躍する。


当たれば大ダメージ確定なのに、何故ガードせずステップ回避に固執するのかというと
ステップだと一気に相手の死角に移動して連続攻撃に繋げられるんですよね。
ガードだと攻撃が重すぎて一瞬動きが止まってしまったり、カウンターに繋げられないことがある。

最初にも書いた通り時間との勝負なので、より攻撃的に攻め続ける必要がある。
ゆえに極力回避で済ませるのが上策だと思うわけです。

まぁ、「ガードより回避の方が楽しい」っていうのもまた本音なんですがねw




9_08.png

いくら慣れたといっても被弾する時は被弾する。
通常時のジョーだと体力の全体の1/3。
怒り時だと半分、ブレスは3/5削られるってところですね。
防御力自体は初めてジョーと戦ったときからあまり変化してないですからね。

一回の被弾で回復薬Gを一つ消費することに。

つまり20回分の回復薬Gと10回分の薬草、
そして支給品が尽きるまでにケリをつけなくては。




開始から20分ほどが経過。
時たま攻撃を食らうものの、凄く順調に事を運んでいる。

そういう油断が生じた時にこそ一発逆転の事態に陥るのだ。
イビルジョーが巨大な足で百を押さえ込み、重くのしかかってくる。
そして始まる捕食タイム。

猛烈な勢いで幾度も噛み付かれる百。
猛烈な勢いで削られていく体力。

やばい!
でも焦ってはいけない!!
冷静に、且つ迅速に道具袋の中からこやし玉を選択し…


9_09.png

オラァアアアアァァァアアアッ!!




よし、捕食行為の強制終了に成功。
そりゃそうだ。
メシを食ってるときに顔面にう○こを投げつけられて
平然とメシを食い続けられるような奴はいない。

まぁ、ハンターはモンスターのフンが山積みになってるような場所でも
平然と肉を焼いたり貪ったりできるけど、やっぱり顔面に投げられるのは嫌だと思うよ。




さっきからシビレ生肉をちょこちょこ置いてるが全然食ってくれないな。
ジョーには肉系トラップが効果的のはずなんだが、どうも運が悪いのか見向きもしてくれない。
結論から言うと、今回のクエスト中に食べてくれたのは一度だけだったよ。
一度だけだからシビれることもなかったな。




とうとう回復薬Gが尽きた。
回復薬とハチミツを調合して回復薬Gを作る必要がある。

が、調合に成功したのは6回だけで、あとの4回はもえないゴミとなった。

あああああああ…
そういえば調合書を持ち込んでなかったよ…
これは手痛いミス。






・・

・・・



イビルジョーとの死闘もすでに終盤に突入。
そして、ついにジョーが脚を引き摺り瀕死状態に。

これは助かる… 残り時間的な意味でもあるが、
実はこちらも回復アイテムがすでに尽きているのだ。
回復薬、回復薬G、薬草、応急薬、これら全てがもう手元にない。

秘薬が2つ残っているが、これは体力ゲージの最大値をMAXまで引き上げる効果があるので
基本的に乙った直後に使うものであり、今はまだ使うわけにはいかない。



ジョーが洞窟内へと逃走する。
それをこちらも追いかける。

「残り時間 10分」
画面中央に表示される。 10分もあれば捕獲は十分に可能だ!


イビルジョーが睡眠状態に入っている。
ダッシュで近づき、素早く落とし穴を設置する。


が、側にいたリノプロスがジョーにタックルをかましやがった。
睡眠から覚めるジョー。
だが今さら起きたところで落とし穴はすでに発動している。

落とし穴にズッポリはまるジョー。
これで麻酔玉を二発当てれば勝ちだ!!

素早く捕獲用麻酔玉を選択し投げつける!

一発目…  空振り!!?

二発目…  これは当たった!

三発目…



9_10_20091001193554.png

リwノwwプwwロwwスwww!!

オイィ! 邪魔するなッ!!!!
今はそんなお約束はいらねぇんだ!!
そうこうしている間にジョーが罠から復帰。


リノプロスには怒涛の連続攻撃をお見舞いし、速やかにあの世へ逝ってもらった。


シビレ罠はもうすでに使用してしまったので、
新たに調合して罠を作り出す必要がある。

が、前述の通りこちらは調合書を忘れてしまっている…
猶予は二回だけだ。
二連続で調合に失敗したら、即座に武器による討伐に切り替えねばならない。


頼む…!





出来た!! 一発成功!!!


ここで残り時間を確認。 残り約8分。
あまり私を焦らせないほうがいい…

素早く罠を設置。
よし、こい!!


9_11_20091001193559.png

あああああああ!! 反対方向に向かってエリア移動しようとしてる!

逃がさん!!

咄嗟にランスを抜き、ジョーに向かってダッシュ突き。
背後から脚の部分を執拗にガリガリ削る。



よし! 怯んだ!
これでまたこっちに注意が向くはずだ。



予想通り、こちらに向かってくる。
罠に誘導して…


落ちた!!


今度こそいけるか!?
ボタン連打で麻酔玉を投げまくる。


9_12.jpg

捕獲成功!!





9_13.jpg

これこの通り。 ちゃんと一人でクリアしてますよ。
戦闘時間は44分30秒。
ダウン回数0。
結果的に1乙もすることなく勝利を飾ることができました。




ここまで来たらアルバトリオンもソロで討伐したいところ。
でも、多分雑記としてはそれほど書くことはないだろうと思います。

イビルジョーの時と違い、アルバトリオン戦はハプニングやサプライズが起きにくい。
ずっと一つのエリアで戦い続けるし、罠系のアイテムは効かないし
捕食もされないし、邪魔な雑魚モンスターもいない。
ただ淡々と攻撃の応酬を繰り返すだけになるので、特に書くことがないんですよね。

ソロで討伐した結果のみを写真でうpして終わり。

…とする予定だったのですが…


アルバトリオン強すぎるwww
ソロで勝てる気がしない!!!


でも勝たなきゃ綺麗に終われない。
とりあえず氷系のランスとアグナGシリーズを揃えて挑むといいらしいので
現在、それを収集中。

勝利写真がうpされる時までしばしお待ちくださいw 

(現在、09年10月3日 早朝)




アグナGシリーズを全て作成し、最大まで強化した。
そしてアルバトリオンに再び挑む。

クエスト失敗に終わったが、今回は制限時間一杯まで持ちこたえることが出来た。
3乙しなかっただけ成長している。

もう少し持ち物を吟味してみることにする。 

(09年10月4日 朝)




時間切れになったものの今回は角を破壊することに成功。
じわじわと追い詰めて行ってる感じはある。

失敗するたびに持ち込むアイテムの選別が変わっていって
最初に持ち込んでたアイテムとはかなり様変わりしているのが面白いw

 (09年10月4日 深夜)




前回よりも大幅に速く角破壊、猫飯による攻撃力UP効果の維持など
正直、自分の中ではこれ以上ないというぐらいの立ち回りができたんだけど
それでもなお時間切れ。

いかん、心が折れそう。

 (09年10月5日 深夜)





9_14.jpg

うおおおおおおおおおおおおおお!!!!

ついに! ついに!! ついに!!!
忌まわしきアルバトリオンをソロで倒したぞ!

戦闘時間は45分55秒。
一乙してしまったが… いや、一乙で済んだというべきだろうか。


9_15.jpg

そして、なんと剥ぎ取り時に「瑠璃色の龍玉」


9_16.jpg

清算時に「天をつらぬく角」が…!!


素晴らしい!
まるで天が報酬品を通して祝福してくれているようではないか。




最後に、アルバトリオン討伐時の詳細なデータを記しておきます。
まずは持ち込んだアイテム。


調合書①入門編
調合書②初級編
調合書③中級編

回復薬G(10)
回復薬(10)
生命の粉塵(2)
秘薬(2)
ハチミツ(10)

強走薬G(5)
こんがり肉 (10)
狂走エキス(10)

モドリ玉(1)
ドキドキノコ(10)

閃光玉(5)
素材玉(30)
光蟲(10)

砥石(20)

怪力の種(10)
守りの種(10)
龍殺しの実(10)

力の護符
力の爪
守りの護符
守りの爪


この内、以下のアイテムは調合するために持ちこんだ物。

回復薬(10)+ハチミツ(10)=回復薬G(10)
こんがり肉 (10)+狂走エキス(10)=強走薬G(10)
素材玉(30)+ドキドキノコ(10)=モドリ玉(10)
素材玉(30)+光蟲(10)=閃光玉(10)


生命の粉塵と守りの種はいらなかったかも。
調合書④とか状態異常を解除する種とかの方がいいかな。


続いて装備品の詳細。


武:セイバートゥース天  (スロット2箇所空きのまま)
頭:アグナGヘルム
胴:アグナGメイル   + 研磨珠
腕:アグナGアーム   + 絶壁珠 + 強壁珠
腰:アグナGフォールド + 研磨珠 + 研磨珠 + 研磨珠
脚:アグナGグリーヴ  + 絶壁珠
守:女王の護石(耐暑+10、ガード強化+3)+ 研磨珠


発動するスキルは以下の通り。

ガード性能+2、ガード強化、砥石使用高速化、業物、
燃鱗、暑さ【小】無効、鈍足




アルバトリオンと戦って何度も何度も味わった無情の時間切れ。
とにかく「無駄な時間をいかに削ぎ落とすか」を考える必要があった。

アルバトリオン戦で最も無駄な時間といえば、
アルバトリオンが空中を飛び回っている時間。

空を飛びまわってる間は、こちらはほとんど手出しが出来ないうえ
即死クラスのコンボ攻撃ばかりしてくる。

閃光玉で即、地上に落とさなければならないってのは当然として、
角を二本破壊して二度と空を飛べない状態にしなければならない。

尻尾や羽の部位破壊などは一切狙わなくていいから、
とにかく終始、頭部のみを攻撃しまくる。

少なくとも30分針を指してる間に角を完全破壊できなければリタイアしたほうが懸命。


次に無駄な時間といえば「アイテムを使用している時間」。
砥石高速化のスキルにより砥石の使用時間を激減させ、
暑さ【小】無効スキルにより、クーラードリンクを持ちこまなくて済むようにする。

戦闘開始直後に「強走薬G」を使い、スタミナが減らないようにする。
以後、効果が切れたら即「強走薬G」を使い、スタミナ維持に努める。


時間を短縮するためには十分な火力が必要。

キッチンアイルーの猫飯は野菜+酒を選択。
猫飯の中で唯一攻撃力UP【大】が発動する組み合わせである。
ただ、同時にスタート時のスタミナに-25の補正がつくが、
これは強走薬Gを使用するからまったく問題ない。

なお、装備品のマイナススキルである「鈍足」も発動しているが、
これも強走薬Gを使用し続けるゆえ、まったく問題なし。

猫飯によるスキルは乙らない限り永続する。
つまり「怪力の種」等でいちいち攻撃力を強化する必要がなくなる。
最後まで一乙もしないつもりで望むべし。
もし開始から30分以内に乙ったら、リタイアしたほうがいいかも。
ちなみに自分は40分過ぎに乙りました。

なお「猫のおまけ術」が発動しているなら早々に乙っても大丈夫だと思います。

開始直後の体力でも、アルバトリオンの攻撃に一回は耐えられるから
一度攻撃を被弾したら、迷わず秘薬で体力の上限を最大値まで上げるべし。

あとはどういう立ち回りをすればいいのか…ですが
自分はこちらの動画を参考にしました。
この動画内での動き、特にカウンター攻撃全般を完全に再現できるようになるまで練習あるのみです。

http://zoome.jp/cookie256/diary/3/


ランス、ソロ討伐にこれから挑もうとしている方。
健闘を祈ります!!




これにてMH3プレイ雑記は無事に終了です。
楽しんでいただけたでしょうか?

もともとはイビルジョー戦ソロが終わったら、この雑記も終える予定だったのですが
急遽アルバトリオン戦まで始めたことで大分長引いてしまいました。
ジエン・モーランは… まぁ、あれはソロでなくてもいいですよねw


雑記を書き始めてから : 68日

描き下ろした総イラスト数 : 93点

アルバトリオン戦ソロ討伐までの総プレイ時間 : 245時間


ボリュームが少ないと言われる3でも、やはり200時間とか普通に越えちゃうんですよね。
恐るべしモンハン。 これ一本で数ヶ月は遊び倒せる。 オススメです。

ご愛読ありがとうございました!!





- SPECIAL THANKS -


柳原担当医さん
ヨウさん
兎咲 歩さん
風見鶏さん
DRZさん
マッハ軒さん
プーギーガルルガさん
プリン大魔王さん
マキオさん


オンラインで特にお世話になった方々です。
ありがとうございました。





あらくれハンター百の記録


9_17.jpg















9_18.png



スポンサード リンク

プロフィール

九十九

Author:九十九

GIF画像提供 : くろがねさん

twitter
スポンサード リンク
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
リンク
RSSリンクの表示
最新の記事
過去ログ
FC2ブログランキング
オススメ
■ぽむ☆マギ ③



単行本3巻。 最終巻です。



■Fate/Grand Order
アンソロジーコミックス③



4コマで参加してます。



■Fate/Grand Order
アンソロジーコミックス②



4コマで参加してます。



■Fate/Grand Order
アンソロジーコミックス



4コマで参加してます。



■ぽむ☆マギ ②



単行本2巻が発売します!



■ぽむ☆マギ



私の初の単行本となります。
「魔法少女まどか☆マギカ」の
公認二次創作です。



■まんがタイムきらら☆マギカ



こちらの雑誌にて「ぽむマギ」という
まどかマギカの公式二次創作漫画を
連載させて頂いております。



■劇場版魔法少女まどか☆マギカ
 叛逆の物語 Blu-ray【限定版】



劇場版魔法少女まどか☆マギカ
始まりの物語/永遠の物語の
正当な続編にあたる作品です。



■劇場版魔法少女まどか☆マギカ
 始まりの物語 / 永遠の物語

 Blu-ray【限定版】



 Blu-ray【通常版】



TVアニメを前後編に分けて
ブラッシュアップした劇場版。
映像美や演出が格段にUPしつつ、
ストーリーの方もしっかり把握できる
内容に仕上がっております。
まどマギにまだ触れたことが
ないという方にもオススメ。