スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DS版ドラゴンクエスト6 プレイ雑記 2


プレイ雑記 序

プレイ雑記 1ページ目



二ページ目の始まりですよ。
前回は夢見の洞窟をクリアし、半透明だったハッさんもついに生身の肉体を手に入れました。
これより海路にてレイドック城へと向かいます。

船着場へと向かうハッさん。
だが待ってほしい。
その前に、この町ではまだやるべきことがある。

それはカジノだ。
サンマリーノにあるカジノの景品には
プラチナメイルとドラゴンシールドがある。
これは是非とも欲しい。
というか手に入れておかなきゃいけない

ハッさん単独での対ムドー戦において、この二つの防具がないと
そもそも話にならないことをSFC時代の実体験により痛感している。
「炎に対する耐性」は絶対に必要不可欠


手に入れるにはそれぞれカジノのコインが3500枚と2000枚必要。
計5500枚。 Gに換算すると110000G。
金で手に入れようと思うとさすがにしんどいな…。

ここは男らしく全財産賭けて勝負じゃ!(ざわ…ざわ…
4000G分換金!! 200枚のコインを手に入れた。


dq6_2_1.png

俺が本当のギャンブルってもんを教えてやる!




ポーカーとスロット3種類があるが
まずは1コインスロットで勝負だ。


dq6_2_2.jpg

おぉ、いきなり王冠が3つ揃ったぞ!
王冠は『7』『BAR』に続き3番目にいい絵柄。
幸先いいスタートをきれたね。




dq6_2_3.jpg

うほっ、またまた王冠。




dq6_2_4.jpg

なにこの王冠無双w
確かに生まれながらにして王の風格を持っているのは否めないが!




dq6_2_5.jpg

そんなことを言ってるうちにまた王冠が。
というかここまでマジで王冠しか揃ってないんですけど…。

この"世界"はどんだけハッさんをKINGにしたいんだよ!www


持って生まれたルックスと格闘センス、
さらには賭博の才覚まであるなんてすごいなー あこがれちゃうなー。




dq6_2_6.jpg

ほい




dq6_2_7.jpg

ほい!




dq6_2_8.jpg

ほいっ!!




約2時間粘って、200枚から16067枚まで増やしました。

プラチナメイルとドラゴンシールド2つで何枚だっけ?


5500枚?




そんだけでいいの?




ハッさん
 LV   12 
たびのぶとうか(賭博王)

職業:無職
 HP  102 
 MP  8 
 ちから  50 
 すばやさ  22 

 E:てつのツメ
 E:プラチナメイル
 E:ドラゴンシールド
 E:きのぼうし
 E:おしゃれなバンダナ  
 みのまもり   30 
 かしこさ  13 
 かっこよさ  112 
 攻撃力  71 
 防御力  137 
 
 特技  呪文
 とびひざげり    

いやぁー、ここからしばらくはマジで一方的な殺戮になります。
転職できるようになるまでは戦略の幅がなくてごり押しするしか選択肢がないので
ムドー戦までこのまま一気に突き進むよ。



レイドックに到着。
なぜか勝手に棺から這い出て街の中まで付いてくるむらびと。
ゾンビかおのれは。

レイドックと言ってもここは下の世界のレイドックであって
ハッさんが兵士として雇われた上の世界のレイドックではない

街並みは上の世界と同じ。 だけど細かい部分で違うところもチラホラと。
街人に話しかけるとむらびとを指してこの国の王子じゃないかと間違われた。
どうやら顔がそっくりらしいんだけどこの男は貴族なんかじゃないですよ? ただの村人ですよ?


みずぼらしい格好をせずに貴族の服を着用すれば城に入れるんじゃないかとのこと。
むらびとはどうやらその話に乗り気のようだ。 詐称なんてやめた方がいいのに…。
貴族の服っていくらすんの?




800G…だと? 手持ちの金は30Gしかない!
あきらめろよ、むらびと。


しかし、いっつもいっつも棺に押し込めてばかりというのも罪悪感が。
仕方ない、ここはひとつ願いを聞き入れてあげよう。
たまにはこういう気晴らしも必要だろう。
外でモンスターを狩って貯めてくるか。



城中の者からうやうやしく接してもらえるため、むらびとは大層ご満悦のようだ。
調子に乗るのを通り越してもはや暴走の領域に入りかけている。
そういえば出会った時から妙に出世欲に満ち溢れていたような…。


駄目だこいつ… はやくなんとかしないと…
なんだか嫌な予感ばかりが募っていくぞ。


そんな折、王子の帰還を聞きつけた大臣から
「本物の王子であれば当然知っているであろう質問」をされるむらびと。
なんかオタオタしている。 助けを求めるような目でこっちを見られても知らん。
おどおどと適当に質問に答えるむらびと。




バレたwww

速攻で城から叩き出されたw
城に入れなくなったぞ! コノヤロウ!!!


dq6_2_2.png

もういい… お前はもう… 休め… 



アモールの街に到着。

はがねのつるぎが売っているな、欲しい。
あと鉄かぶとも欲しい。 合計で3100Gか。
金が貯まったら購入を検討しよう。

ここアモールは「水」が名産地。
道具屋には「アモールの水」というものが売られている。
この道具、使用すると一人のHPを60~70回復する。
薬草の上位版のような感じですな。
回復手段が道具のみのハッさんにとっては、ありがたい存在となるだろう。



街中を歩いて情報収集して一晩寝るとイベント発生。
街の中央に流れる滝が突如真っ赤に染まり、街中へ汚染してゆく。


dq6_2_3.png

ゆ、ゆるせん…
何者の仕業かはわからんが、今後長く世話になるであろうアモールの水を汚されてはかなわん。
ハッさん自らが原因を調査しに滝の源泉の洞窟へ向かうことに。



洞窟に潜入。
10歩ぐらい歩いたところでいきなり元凶発見。
血にまみれた剣を川にひたしている女剣士がいる。
そこから水の色が赤色に変わっている。

話を要約するとこの女剣士ジーナが誤って相棒の男を刺してしまったとのこと。
懺悔の言葉を呟きながら延々と剣を洗い続けている。
呪いの類だろうか。
どうやらこの深部まで行って詳細を確かめてくる必要がありそうだ。


プラチナメイルとドラゴンシールドにより何を食らってもダメージ1のハッさん。
動くアストロンと化したハッさんによる快進撃が続いていたのも束の間、
突如思いも寄らない敵が現れた。
その名はモコモコじゅう。


dq6_2_4.png

こいつの体当たり。 なんと90ものダメージを食らってしまいます。
ハッさんのHPは111なので一発食らうだけで瀕死になってしまうのです。
その上、厄介なことに一撃では倒せない上に仲間まで呼び寄せてしまいます。

こいつが4匹で徒党を組んで現れたときの恐ろしいほどの緊張感は筆舌に尽しがたい。
まったく、とんだ伏兵がいたものだ。 用心しないとな。



道中にてメタルスライムに遭遇。
ここでハッさんの会心の一撃が炸裂。
決める時はきっちり決めてくれるハッさん、流石です。



最深部に到着。
そこでは一人の剣士がモンスターと死闘を繰り広げている。
すかさず助けに入る漢ハッさん。


モンスターの名はホラービースト。
ほしのかけら効くかな? 試しに使ってみよう…そう思った時。
まさかのメダパニダンス!
混乱させるどころか、逆にこちらが一発で混乱してしまった。

先ほどの女剣士が相棒を刺してしまったというのも
こいつの混乱攻撃によるものなのだろう。


それにしてもこれはまずいっ!!
一人パーティーでの状態異常は高確率で死に繋がるケースが多い。
混乱してはこちらが何も出来ぬまま一方的に殴られてしまう。
そこにホラービーストの無情なる攻撃が炸裂。






     ハッさんは1のダメージを受けた。     
 






あれ? 全然ダメージ受けないw


dq6_2_5.png

これぞまさにプラチナメイルとドラゴンシールドの恩恵!
驚かせやがって!!! もう何も怖くないぞ。
こちらが一方的にボコボコにするだけだ。

ホラービーストのあらゆる攻撃に対してこちらは1しかダメージを受けないので
負ける要素が限りなく0になった。
ちょこちょこ混乱させてきたり目を眩ませてくるので
時間はかかったものの、何の苦労もなく撃破。


ホラービースト打倒直後のステータス


ハッさん
 LV   14 
たびのぶとうか(鉄壁)

職業:無職
 HP  120 
 MP  17 
 ちから  56 
 すばやさ  27 

 E:はがねのつるぎ
 E:プラチナメイル
 E:ドラゴンシールド
 E:きのぼうし
 E:おしゃれなバンダナ  
 みのまもり   40 
 かしこさ  14 
 かっこよさ  114 
 攻撃力  89 
 防御力  147 
 
 特技  呪文
 とびひざげり 
 すてみ
  





負傷している剣士を洞窟の入り口まで連れてくる。
無事に先ほどの女剣士と再会できたようだ。
男を殺してしまったという勘違いも解消され、赤い水の呪いも解けた。

二人からお礼に「はやてのリング」を受け取った。
ようやく実用的な装飾品が手に入りましたな。
これを装備するとすばやさが一気に30も上がります。

アモールでのイベントを終了すると「カガミの鍵」が手に入る。
これでラーの鏡のある月鏡の塔へ入れるようになるぞ。

このラーの鏡の捜索こそがレイドック兵士としてハッさんに与えられた任務なのだ。



月鏡の塔へ潜入。
1階部分でいきなりのボス戦。
ポイズンゾンビ3匹。
ゾンビのくせに回復呪文を使うという常識の斜め上を行く輩です。

SFC時代にハッサン一人旅を決行した時はここで物凄く苦労した覚えがあるのですよ。
ポイズンゾンビ×3で詰むかと半ば本気で思いました。

だが今回はこの時点で強力すぎる防具を所有しているゆえあっさり撃破。
立ち止まらずに一気にサクサク進ませてもらいますぜ!



dq6_2_6.png

塔の中腹辺りでかつてのハッさんと同じような半透明の少女がいた。
自分自身の姿が鏡に映らないことを不可思議そうにじっと見つめている。
困ってる者はどうも見過ごせないハッさん。
手持ちの「夢見のしずく」をかけてやると、その姿がハッキリと浮かび上がってきた。


いいことをすると気持ちがいいなぁ。 ほな、さいなら。
…とはいかないのがハッさんの旅。
その少女がぴったりと後ろに付いてくるようになってしまったのだ。

これではむらびとの時と同じパターンではないか。
助け舟を出してしまったことで、必要以上に頼りにされてしまい
その結果、強引にでもパーティーに加入してこようとするのだ。

なんだろう?
「この人に付いて行けば自身の目的を達成できるかもしれない」という
確信めいたものを抱かせてしまうのだろうか。
カリスマがありすぎるのも困ったものである。
ハッさんは一人静かに生きていたいのに。

少女はバーバラというらしい。
不幸中の幸いなのは、このバーバラは付いてはくるものの
現時点ではパーティー参加の扱いにはならない。
戦闘はハッさん一人で行えるようだ。



あくまのかがみというモンスターに遭遇。
モシャスという呪文を唱え、その姿を変化させた。


dq6_2_7.png

うお! いきなりハッさんそっくりに姿を変えやがった。
一瞬、どこのスーパーモデルが現れたのかと…。

この呪文は姿はもちろん、能力までコピーしてしまう。
それはつまり闘神そのものが目の前に降臨してしまったということに他ならない。

与えるダメージは互角。
薬草をむさぼりつつ壮絶な殴り合いの果てに勝利をもぎとった。



塔の最深部でラーの鏡を発見。
バーバラは一目それを見て満足したようだ。
そして一人で立ち去ろうとする。


お。
パーティーに加入はせずに立ち去ってくれるのか。
それならそれでこちらも助かる。
達者で暮らせよ。


が!
塔の入り口でふと立ち止まり、なにやらぶつぶつと独り言を言い始めた。
嫌な予感がする。 嫌な予感がするぞ!
こいつ絶対に「付いて来る」って言い出すぞ!!!








ほらー。
「特に目的がないから付いていきたい」って言ってきた。
そこに「はい/いいえ」の選択肢が現れた。 拒否できるんか。





→ いいえ



     バーバラ「え? どうして? ついて行ってもいいでしょ?」     
 



→ いいえ



     バーバラ「そんな いじわるしないで  ねっ いいでしょ?」     
 



→ いいえ



     バーバラ「そこをなんとか おねがい!」     
 



→ いいえ


dq6_2_8.png

ここで、急にふてくされだすバーバラ。
出口の部分に陣取り、てこでも動かない様子だ。
つまりこれはドラクエの様式美の一つ。
選択肢の意味を成さない選択肢だ。


試しにこの一連のやり取りを10回ほど繰り返してみたが無意味だった。



 バーバラ「そう こなくっちゃ! 今日からは あたしも仲間よ。 よろしくねっ」 
 



ここまで拒絶の態度を取られ続けたら、普通は一緒にいたいなどと考えないと思うんだが
これも若さの成せる技なのだろうか。

ただ、バーバラちゃんや。
ハッさんのパーティーに加入した以上は誰もが通らないといけない試練があってだな。
何人たりとも例外は認められない。 君もしっかりと実行してもらうぞ。



さぁ、今すぐ身に着けているものを全てこちらに渡して
たった一人で戦場に立つ作業に戻るんだ。




そしてハッさんは一人最寄の街へ向かった。
新たな棺を購入するために…。


スポンサード リンク



→ 3ページ目に移動
プロフィール

九十九

Author:九十九

GIF画像提供 : くろがねさん

twitter
スポンサード リンク
カテゴリー
ブログ内検索
カスタム検索
リンク
RSSリンクの表示
最新の記事
過去ログ
FC2ブログランキング
オススメ
■ぽむ☆マギ ③



単行本3巻。 最終巻です。



■Fate/Grand Order
アンソロジーコミックス③



4コマで参加してます。



■Fate/Grand Order
アンソロジーコミックス②



4コマで参加してます。



■Fate/Grand Order
アンソロジーコミックス



4コマで参加してます。



■ぽむ☆マギ ②



単行本2巻が発売します!



■ぽむ☆マギ



私の初の単行本となります。
「魔法少女まどか☆マギカ」の
公認二次創作です。



■まんがタイムきらら☆マギカ



こちらの雑誌にて「ぽむマギ」という
まどかマギカの公式二次創作漫画を
連載させて頂いております。



■劇場版魔法少女まどか☆マギカ
 叛逆の物語 Blu-ray【限定版】



劇場版魔法少女まどか☆マギカ
始まりの物語/永遠の物語の
正当な続編にあたる作品です。



■劇場版魔法少女まどか☆マギカ
 始まりの物語 / 永遠の物語

 Blu-ray【限定版】



 Blu-ray【通常版】



TVアニメを前後編に分けて
ブラッシュアップした劇場版。
映像美や演出が格段にUPしつつ、
ストーリーの方もしっかり把握できる
内容に仕上がっております。
まどマギにまだ触れたことが
ないという方にもオススメ。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。